日本頭蓋骨形矯正学会について

頭蓋骨の形状矯正を社会問題(健康・美容・介護等)の諸問題に役立てるために設立されました。

◆設立: 2015年9月20日
 
◇代表理事
村田雅史


 
カイロプラクター・骨格矯正
(MurdochUniversity BHSc in Chiropractic)

カイロプラクティック・ムラマサ代表
◇理事:
安芸泰弘

 

柔道整復師

こころ整骨院グループ
株式会社Givers代表取締役


NPO交通事故と労災をサポートする日本
東京支部長
 
◇サポート:
松本直子

看護師
◆事務局所在地:
〒113-0034
東京都文京区湯島1-8-4山川ビル602
※近隣施設:東京医科歯科大学、
ホテル東京ガーデンパレス

電話番号:
03-4455-4763


皆様の温かい御協力を頂きながら、現在研究・情報収集等活動を行っております。

~取り組みの事例~

健康問題
 頭蓋骨内の循環・圧迫感・違和感改善

 (病気と診断されない範囲の頭部膨満感・圧迫感の改善等)

美容問題
 (1)頭蓋骨形状のコンプレックスによる社会不安障害
 (2)ひきこもりの改善

 (3)頭蓋縫合早期癒合症(クルーゾン症候群、ファイファー症候群、アペルト症候群等)
  のサポート

 等

介護問題
 (1) 高次脳機能障害の改善サポート
 (2) 認知症による徘徊の改善サポート

教育活動
 医療従事者・手技療法技術者への技術研修等